デトランスαの種類|敏感肌用、手足用、ストロングとの違いは何?

デトランスαは各種類で何が違う?

 

デトランスαにはオリジナルタイプの他に

 

  • 敏感肌用
  • ストロング
  • 手足用

 

などの種類があります。

 

このように種類がたくさんあるとどれを選べばいいのか逆に迷ってしまいますよね … ^^;

 

商品選びは失敗したくないですし、自分に合ったタイプの商品を選びたいところだと思います。

 

なので今回の記事ではデトランスαのそれぞれの種類について、

 

  • 効果
  • 成分
  • 口コミ
  • 価格

 

などを細かく比較していきます。

 

今回の記事を読んで商品選びの参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

デトランスαの種類を徹底比較!

オリジナル 敏感肌用 ストロング 手足用
形状 ロールオン ロールオン ロールオン ローション
内容量 20ml 20ml 20ml 100ml
塩化アルミニウム濃度 20% 10.27% 25% 25%
価格

4,800円
※初回2,900円

4,800円 4,800円 4,800円
効果
口コミ

 

各デトランスαの違いについて一覧表でまとめてみました。

 

では各デトランスαについて共通している点や異なる点を詳しく見ていきましょう!

 

 

どの種類でも共通して言えること

まず最初にどのデトランスαでも共通して言えることを以下にまとめてみました。

 

  • 汗を強力に抑えてくれる
  • 効果の持続時間が長い
  • 使用頻度を徐々に減らしていけるのでコスパがいい
  • 痒みを起こさないためにも正しい使い方が必要

 

どの種類のデトランスαも汗を抑える効果は強力です。

 

デトランスαでは全種類に共通して塩化アルミニウムが含まれています。

 

この塩化アルミニウムの働きによって汗腺に蓋をすることで、汗を強力に抑えてくれるということなんですね。

 

ただ、その効果の反面、使い方によっては痒みを引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

 

とは言っても正しい使い方をしていれば、デトランスαは痒みを抑えながら安全に使うことができるんですけどね。

 

痒みが出る場合には塗る量だったり、塗る場所を間違えている可能性があります。

 

デトランスαの正しい使い方についてはこちら

 

どの種類のデトランスαを使うにしても、正しい使い方を意識するようにしてくださいね。

 

では次に各デトランスαについて違いを詳しく見ていきましょう。

 

 

デトランスα(オリジナル)の特徴やおすすめポイント

 

形状 ロールオン
内容量 20ml
価格

4,800円
※初回2,900円

成分
  • アルコールデナ
  • アルミニウムクロリッド
  • アルミニウムラクタート
  • プロピレングリコル
  • グリセリルステアラット
  • セチルパルミタット
  • スラミクロクリスタリン
  • トリイドロクシステアリン
塩化アルミニウム濃度 20%
効果期待度
口コミ


件数が多く高評価

 

水色のオリジナルタイプが一番スタンダードな商品として最も売れています。

 

その証拠にこのオリジナルタイプのデトランスαが一番口コミ評価が多いんですね。

 

 

このように公式サイトのYouupでは、オリジナルタイプのデトランスαの口コミが2,000件以上あります。それだけ人気がある商品ということですね。

 

敏感肌用やストロングタイプもありますが、まずはこのオリジナルタイプのデトランスαから始めてみるといいかと思います。

 

オリジナルタイプなら効果の持続時間も3日程度と十分長く、汗や臭いを抑える効果を実感するには十分でしょう。

 

デトランスα(オリジナル)はこんな人におすすめ
  • 初めてデトランスαを買う人
  • 商品選びで失敗したくない人
  • 口コミ評価の高いデトランスαを選びたい人

 

 

 

デトランスα(敏感肌用)の特徴やおすすめポイント

 

形状 ロールオン
内容量 20ml
価格 4,800円
成分
  • アルコールデナ
  • アルミニウムクロリッド
  • カルシウムラクタート
  • ハイドロキシプロピルセルロース
  • 水素化キャスターオイル
塩化アルミニウム濃度 10.27%
効果期待度
口コミ


高評価

 

オリジナルタイプでは痒みが出る人も少なからずいるため、そこで誕生したのが敏感肌用のデトランスαです。

 

オリジナルタイプと敏感肌用では何が違うのかと言いますと成分ですね。

 

オリジナル 敏感肌用
  • アルコールデナ
  • アルミニウムクロリッド
  • アルミニウムラクタート
  • プロピレングリコル
  • グリセリルステアラット
  • セチルパルミタット
  • スラミクロクリスタリン
  • トリイドロクシステアリン
  • アルコールデナ
  • アルミニウムクロリッド
  • カルシウムラクタート
  • ハイドロキシプロピルセルロース
  • 水素化キャスターオイル

 

敏感肌用ではオリジナルタイプよりも少ない成分となっています。

 

そして一番大きな違いは塩化アルミニウム(アルミニウムクロリッド)の濃度です。

 

塩化アルミニウム濃度の違い
  • オリジナル … 20%
  • 敏感肌用 … 10.27%

 

この塩化アルミニウム濃度の違いが痒みに大きく関係しています。

 

やはり塩化アルミニウム濃度が高い方が肌に与える影響も大きく、どうしても痒みは起きやすくなってしまうんですね。

 

なので肌が弱い方はこの敏感肌用のデトランスαがおすすめです。

 

ちなみにですが、オリジナルタイプのデトランスαを購入すると、敏感肌用のデトランスαもサンプルとして付いてきます。※サンプルの内容量は5ml

 

なので最初はオリジナルタイプのデトランスαを買ってみて、ついでに敏感肌用のデトランスαのサンプルも使ってみるというのでもいいかもしれませんね。

 

デトランスα(敏感肌用)はこんな人におすすめ
  • 肌が弱い人
  • オリジナルタイプのデトランスαが肌に合わなかった人

 

 

 

 

デトランスα(ストロング)の特徴やおすすめポイント

 

形状 ロールオン
内容量 20ml
価格 4,800円
成分
  • アルコールデナ
  • アルミニウムクロリッド
  • PEG-12ジメチコーン
塩化アルミニウム濃度 25%
効果期待度
口コミ


高評価

 

より強力な制汗効果を求めるならストロングタイプのデトランスαがおすすめです。

 

ストロングタイプの塩化アルミニウム濃度は25%とオリジナルタイプの20%よりも5%多くなっているので、この濃度の違いによって汗を強力に抑えてくれます。

 

オリジナルタイプの効果持続日数は3日間が目安ですが、ストロングタイプでは5日間が効果持続日数の目安です。

 

ただ、効果が強力になる反面、やはり痒みには注意してくださいね。

 

なので一番最初はやはりオリジナルタイプから始めることをおすすめします。

 

デトランスα(ストロング)はこんな人におすすめ
  • オリジナルタイプでは満足できなかった人
  • 重度の脇の多汗症の人

 

 

 

デトランスα(手足用)の特徴やおすすめポイント

 

形状 ローション
内容量 100ml
価格 4,800円
成分
  • アルコールデナ
  • アルミニウムクロリッド
  • PEG-12ジメチコーン
塩化アルミニウム濃度 25%
効果期待度
口コミ


高評価

 

手足から出る汗にお悩みでしたら手足用のデトランスαがおすすめです。

 

手足用のデトランスαのみローションタイプとなっており、100mlと大容量なのが特徴です。

 

ローションタイプなので指の間までしっかりと浸透させることができます。

 

ちなみに塩化アルミニウム濃度はストロングタイプと同じ25%となっており、強力に汗を抑えてくれます。

 

手足は皮膚が厚いので、おそらく塩化アルミニウム濃度が高くても問題ないということなんでしょうね。

 

デトランスα(手足用)はこんな人におすすめ
  • 手汗に悩んでいる人
  • 恋人と手をつなぐのも怖いという人
  • 足汗のせいで臭いが気になる人

 

 

 

 

最初はどの種類のデトランスαがおすすめ?

ここまでデトランスαの種類の違いについて話してきましたが、「結局どのデトランスαがいいの?」と悩まれているかもしれません。

 

手足の汗に悩んでいるなら手足用のデトランスα一択で問題ないでしょうが、脇汗については3種類のデトランスαから選ぶ必要がありますからね。

 

ただ、初めてデトランスαを買うのでしたら、やはりオリジナルタイプのデトランスαが一番おすすめです。

 

 

オリジナルタイプが一番おすすめな理由としてはこちら。

 

  • 最も売れているデトランスαだから
  • 口コミ件数が圧倒的に多く、評価も高いから
  • 敏感肌用のサンプルも一緒に付いてくるから
  • オリジナルタイプのみ初回割引があるから

 

まずは効果だったり肌に合うかを確かめてみて、その後にリピートするかあるいは敏感肌用やストロングタイプに切り替えればいいと思います。

 

オリジナルタイプのデトランスαについては別の記事でも紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

デトランスαについてのおすすめ関連記事