妊娠中・授乳中にデトランスαは使用NG?使えても注意点が?

妊娠中・授乳中にデトランスαは使えないの?

 

妊娠中授乳中デトランスαが使えるのかは気になりますよね。

 

やはりこの時期は安静にしなければならないので、自宅で簡単に汗や臭いの対策ができるデトランスαは魅力的だと思います。

 

ただ、デトランスαって本当に妊娠中や授乳中に使っても大丈夫なんでしょうか?

 

気になる疑問だったので、実際にサポートセンターに問い合わせてみて、デトランスαが妊娠中や授乳中に使えるのかを確かめてみました!

 

 

 

デトランスαは妊娠中や授乳中に使ってもOK?

 

実際にサポートセンターに確認してみたところ…

 

デトランスαは妊娠中や授乳中に使用しても問題ないとのことでした。

 

これは当然といえば当然かもしれませんね。デトランスαは医薬品ではなく、制汗デオドラントなので。

 

ただ、妊娠中や授乳中だからこそ注意したいこともあるので、次で解説していきますね。

 

 

 

妊娠中や授乳中にデトランスαを使う際の注意点

 

妊娠中や授乳中にデトランスαを使う際はかゆみに注意する必要があります。

 

というのも妊娠中や授乳中はホルモンバランスの乱れによって、肌が敏感になっていることがあるからなんです。

 

もちろん当サイトで紹介しているような正しいデトランスαの使い方をしていれば、基本的には何の問題もありません。

 

使い方についての解説記事

 

ただ、正しい使い方をしていてもかゆみが出てしまう場合は、以下のことを意識して使ってみるといいでしょう。

 

  • 塗る量を少なめにしてみる
  • 水を染み込ませたコットンでデトランスαを薄めてから使う

 

使い方を工夫することで、かゆみを抑えることができますよ。

 

ちなみにデトランスαでは初回購入時に敏感肌用のサンプル(5ml)が付いてきます。

 

 

肌が敏感な妊娠中や授乳中の人にとって、敏感肌用のサンプルが試せるのはありがたいですよね♪

 

もしオリジナルタイプのデトランスαで刺激が強いなら、2回目からは敏感肌用に切り替えることができますよ!

 

 

 

ちなみにデトランスαは胸の臭い(チチガ)に使ってもいいの?

 

特に授乳中の方がデトランスαを使う際に気を付けたいのが胸の臭い(チチガ)への使用です。

 

赤ちゃんに母乳を飲ませるから、胸にデトランスαは使わない方がいいのかな?と思うかもしれません。

 

ただ、そもそもの話ですが、デトランスαは脇以外に使えないので、当然胸にも使うことができません。

 

もし胸の臭いを何とかしたいのであれば、胸にも使えるデオドラントをおすすめします。

 

当サイトでは胸にも安全に使えるデオドラントとして、デオシークを紹介しています。

 

胸の臭いを気にされてる方はこちらも参考にしてみてください。

 

 

 

 

最後に:妊娠中や授乳中だからこそデトランスαでケアを

 

デトランスαは妊娠中や授乳中でも使えることがわかりましたが、妊娠中や授乳中だからこそデトランスαがおすすめなのかもしれません。

 

妊娠中や授乳中はどうしても行動できることも限られるので、きちんとした治療なども受けることができないですよね。

 

だからこそ自宅で手軽にケアできるデトランスαがおすすめということなんです。

 

「何か対策をしたい!でもあまり動くこともできない。」

 

そんな時期だからこそ、デトランスαで手軽にケアしてみてはいかがでしょうか?

 

デトランスαのおすすめ記事