望みは薄い?デトランスαを術後臭に使ったところで見通しは暗い?

デトランスαは術後臭に効果があるの?

 

ワキガ手術をしたのに術後臭がする…

 

わざわざ高いお金を払って受けた手術なのに、臭いが再発するのは辛いですよね…

 

「この術後臭を何とかしたい」

 

そんな思いからデトランスαについて調べていることと思います。

 

でもデトランスαって術後臭にも効果を発揮してくれるんでしょうか?

 

ワキガ臭と術後臭って何だか別物のような気がしますよね。「別物だから効果がなかったりするのかな?」と思うかもしれません。

 

ということで今回は、デトランスαが術後臭に効果を発揮してくれるのかについて解説していきますね!

 

 

 

 

デトランスαで術後臭を抑えることはできるの?

 

まず結論を言うと、デトランスαで術後臭を抑えることは十分期待できます。

 

というのも術後臭もワキガ臭も全く同じものだからなんです。ワキガに効果が期待できるデトランスαは、術後臭にも効果が期待できるということになります。

 

ではそもそも術後臭の原因って何だと思いますか?

 

……

 

実は術後臭ってアポクリン腺の取り残しが原因なんです。要は手術が失敗してしまったと言ってもいいでしょう。

 

ワキガ手術は当然医師の技術に左右されます。失敗のリスクがあるのはご存知ですよね。

 

つまり技術が未熟な医師が手術をしたことによって、アポクリン腺の取り残しが起きてしまったということなんです。

 

そして、取り残しのあったアポクリン腺が活動を続けてることで、臭いが発生していたということなんですね。

 

ということでワキガ臭も術後臭もアポクリン腺が原因なので、デトランスαでアポクリン腺から出る汗を抑えることで、術後臭を抑えることが期待できます。

 

 

 

再手術を受けるか?デトランスαを使うか?

 

術後臭の原因はアポクリン腺の取り残しということなので、アポクリン腺を完全に除去するには再手術を受けるしかありません。

 

ただ、ここであなたは再手術を受ける気になれるでしょうか?

 

  • 再手術は心理的な負担が大きい。
  • 新しいクリニックで再手術を受ける場合は、クリニックを探す手間や高額な費用がかかる。
  • 再手術でも失敗のリスクはある。

 

こういった再手術のデメリットを受け入れることができるか?ということになります。

 

もちろんワキガ体質を完全に治したいなら再手術を受けるのもありでしょう。

 

ただ、先ほどのデメリットを受け入れられないなら、別の対策を取った方が負担も軽いと思います。

 

そういった意味でデトランスαでの対策はハードルが低くて助かるのではないでしょうか?

 

もちろんデトランスαでワキガが完治するわけではありませんが、手軽にできるワキガ対策として一度試してみる価値はあると思いますよ!

 

デトランスαについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、術後臭を何とかしたいとお考えならぜひ内容をチェックしてみてくださいね。