金属アレルギーの人はやっぱりダメ?デトランスαは使えない?

金属アレルギーの人はデトランスαを使ってはいけない?

 

デトランスαは強力な効果の反面、やはり副作用は心配な部分だと思います。

 

特に金属アレルギーの人にとっては、「肌荒れを起こすんじゃ?」と心配になってしまいますよね。

 

でも効果は高そうだし、デトランスαの存在はやっぱり気になる…

 

そんなあなたのために、今回は金属アレルギーの人がデトランスαを使ってもいいのかについて話していきます。

 

 

 

 

金属アレルギーの人はデトランスαを使ってはいけない?

 

金属アレルギーの人がデトランスαを使ってはいけないということはありませんが、正直なところあまりおすすめはできません。

 

理由はデトランスαには塩化アルミニウムが含まれているからなんです。

 

そもそも金属アレルギーでない人でも、デトランスαは肌への刺激が心配な部分があるので、金属アレルギーの人ならなおさらですよね。

 

ただ、どうしてもデトランスαを使いたいのであれば、パッチテストをするか、あるいは医師に相談してから使うようにしてくださいね。

 

ちなみにデトランスαにはいくつか種類がありますが、どの種類を選んでも塩化アルミニウムは含まれています。

 

種類 塩化アルミニウム濃度

オリジナル

20%

敏感肌用

10.27%

ストロング

25%

手足用

25%

 

肌への刺激が一番少ない敏感肌用のデトランスαでも、10.27%の塩化アルミニウム濃度となっていますので注意してくださいね。

 

 

 

デトランスα以外で金属アレルギーの人におすすめのデオドラントは?

金属アレルギーでは安心してデトランスαも使えないと思いますので、金属アレルギーの人でも安心して使えるデオドラントを紹介します。

 

おすすめのデオドラントとしては「クリアネオ」ですね。

 

 

こちらのクリアネオは肌に優しい天然成分が中心に作られており、金属アレルギーの人のパッチテストも実施済みです。

 

 

もちろん全ての人にアレルギー反応が起きないとは言い切れませんが、それでもデトランスαよりは安心して始められるのではないかなと思います。

 

ちなみにクリアネオでは無期限の返金保証も付いていますので、より安心して始めることができますね。

 

クリアネオについてはこちらの記事でデトランスαと比較していますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

 

 

 

最後に:金属アレルギーの人は注意してデトランスαを使いましょう!

 

デトランスαには塩化アルミニウムが含まれているので、金属アレルギーの人にはあまりおすすめできません。

 

ただ、デトランスαの効果は本当に強力なので、やはりその効果が気になることもあるでしょう。

 

なので、もしどうしてもデトランスαを使いたいのでしたら、パッチテストをしてから使ったり、医師に相談してから使うなど、十分に注意しながら使うようにしてくださいね。

 

ということで今回は金属アレルギーの人に向けたデトランスαの使用についての話でした。

 

こちらの記事もどうぞ