デトランスαとドリクラーが似すぎてる!まさかのパクリ疑惑?

デトランスαとドリクラーは特徴が似ている!

 

デトランスαドリクラー

 

どちらの商品も汗を強力に抑えてくれるという点では似たようなデオドラントです。

 

ただ、似ているのは制汗効果だけでなく、「これ、どっちかがパクリなんじゃ?」と疑うくらい特徴が似ていることがわかりました!

 

似た商品だと今度は「どちらを選べばいいかわからない」という問題が出てきてしまいます。似ているのも困りものですね(^^;

 

ということで今回は、似た者同士のデトランスαとドリクラーを徹底比較していきたいと思います。

 

どちらの商品がおすすめなのかぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

 

 

デトランスαドリクラーを徹底比較!

デトランスα ドリクラー
形状 ロールオン ロールオン
内容量 20ml 20ml
価格 通常 4,800円※初回のみ2,900円 2,000円~
定期
  • 1~3回目:4,320円
  • 4~5回目:4,272円
  • 6~7回目:4,224円
  • 8~9回目:4,176円
  • 10~11回目:4,128円
  • 12回目~:4,080円
送料 定期:350円、通常:600円 無料
定期縛り 4回
返金保証 なし なし
成分 アルミニウムクロリッドほか7種類 アルコール、塩化アルミニウム、アクア
使用可能部位 脇(手足用は手足) 脇、手足
肌への刺激
効果 制汗力
消臭力
持続時間
口コミ
特典 敏感肌用のサンプル(5ml) なし

 

 

簡単な結論

比較項目が多いのでまずは簡単な結論をまとめます。

 

 

デトランスαのメリット・デメリット

 

デトランスαのデメリット
  • 肌が弱い方には刺激が強い
  • 翌朝に拭き取るのが若干面倒

 

デトランスαのメリット
  • 制汗効果がとにかく高い
  • 汗を抑えることで臭い対策にもなる
  • ロールオンタイプで手を汚さず使える
  • 使用頻度を徐々に減らしていける
  • 毎日使う必要がないのでコスパがいい
  • お得な初回割引がある
  • 敏感肌用のおまけが付いてくる

 

 

 

ドリクラーのメリット・デメリット

 

ドリクラーのデメリット
  • 肌が弱い人には刺激が強い
  • 翌朝に拭き取るのがやや面倒

 

ドリクラーのメリット
  • 制汗効果が高い
  • 汗を抑えることで臭い対策にもなる
  • ロールオンタイプで手を汚さず使える
  • 数日に1回の使用でOK
  • コスパがいい
  • 価格が安く始めやすい

 

 

 

ここからは各項目でデトランスαとドリクラーを比較していきます。

 

 

効果の違いについて

デトランスα ドリクラー
制汗力
消臭力
持続時間


3日程度


3日程度

 

比較表を見ればわかると思うんですが、デトランスαとドリクラーの効果に違いはありませんよね。

 

それもそのはず。デトランスαとドリクラーは主成分やその濃度が同じだからなんです。

 

デトランスαとドリクラーではともに制汗成分として塩化アルミニウムが含まれています。

 

そして、この塩化アルミニウムの濃度はどちらも20%と全く一緒です。

 

だからデトランスαもドリクラーも同じような効果が期待できるということなんですね。

 

どちらの商品も強力な制汗効果が期待できますよ♪

 

 

成分の安全性や肌への刺激の違いについて

デトランスα ドリクラー
肌への刺激

 

デトランスαもドリクラーも肌への刺激はやはり心配な部分があります。

 

これは結局、先ほど話した塩化アルミニウムがどちらの商品にも含まれているからなんですね。

 

20%の塩化アルミニウムは肌の弱い日本人にとっては合わない人も出てくるようです。

 

ちなみに日本製のデオドラントの場合、塩化アルミニウム濃度は13%が上限となっています。

 

デトランスαとドリクラーはともに海外製で塩化アルミニウム濃度が20%なので、肌への刺激が心配されるのも仕方がないのかもしれません(^^;

 

 

使用可能部位の違いについて

デトランスα ドリクラー
使用可能部位 脇(手足用は手足) 脇、手足

 

使用可能部位についてはどちらも同じですね。

 

デトランスαは脇用となっていますが、手足用もあるので、手足にも使いたい方は手足用を買うといいでしょう。

 

ドリクラーは脇と手足に使うことができます。

 

 

口コミの違いについて

デトランスα ドリクラー
口コミ

 

口コミについてはデトランスαの方が件数が多く、評価も高めでした。

 

 

公式サイトでは2,000件以上の口コミがあります。

 

また、アットコスメの口コミはこんな感じです。

 

 

6.0点はかなり高評価ですよね。デトランスαの人気の理由がわかると思います。

 

対するドリクラーはAmazonなどで口コミを見ることができます。

 

 

件数もそこそこあって高評価ですね。

 

件数ではデトランスαに負けますが、ドリクラーも人気商品であることがわかります。

 

 

使いやすさの違いについて

デトランスαもドリクラーも使い方は同じですし、使用頻度も同じくらいなので、使いやすさについては違いがありません。

 

基本的な使い方
  • 夜寝る前に塗る
  • よく乾かしてから服を着る
  • 翌朝濡れタオルなどで拭き取る

 

どちらのデオドラントも使い方は同じなので、使いやすさについてのメリット・デメリットは以下のように共通しています。

 

デメリット
  • 翌朝に拭き取るのが若干面倒
  • 塗る量は使う人のさじ加減になる

 

メリット
  • ロールオンタイプなので手を汚さずに塗れる
  • 毎日使う必要がない
  • 日中にケアする必要がない

 

デメリットも一応挙げましたが、基本的にはどちらのデオドラントも使用頻度が少なくてメリットが多いですよ♪

 

 

 

コスパの違いについて

デトランスα ドリクラー
価格 通常 4,800円※初回のみ2,900円 2,000円~
定期
  • 1~3回目:4,320円
  • 4~5回目:4,272円
  • 6~7回目:4,224円
  • 8~9回目:4,176円
  • 10~11回目:4,128円
  • 12回目~:4,080円
送料 定期:350円、通常:600円 無料

 

コスパではドリクラーの方が上ですね。ドリクラーは始めやすい価格帯となっています。

 

デトランスαもドリクラーも使用頻度が同じなので、それなら価格が安いドリクラーの方がコスパはいいですよね。

 

 

定期縛りの違いについて

デトランスα ドリクラー
定期縛り 4回

 

デトランスαの定期購入は4回以上の縛りがあります。この定期縛りはネックですね…

 

ただ、デトランスαは初回2,900円で始められるお得な通常購入も用意されています。

 

まずは通常購入から始められるので、定期購入の縛りはそこまで気にしないでいいでしょう。

 

デトランスαを使ってみて、気に入ったら2回目からは定期購入を申し込めばOKです。

 

 

返金保証の違いについて

デトランスα ドリクラー
返金保証 なし なし

 

返金保証についてはどちらの商品にも付いていません。

 

まあ、どちらの商品もそこまで高額というわけではないので、返金保証がなくても特に問題はないかと思います。

 

デトランスαとドリクラーともに始めやすい価格帯なので、気軽に使い始められますよ♪

 

 

特典の違いについて

デトランスα ドリクラー
特典 敏感肌用のサンプル(5ml) なし

 

デトランスαでは初回限定で敏感肌用のおまけが付いてきます。

 

 

敏感肌用のおまけは5mlと少なめですが、オリジナルタイプと両方が試せるのは嬉しいですよね♪

 

どちらのタイプのデトランスαが自分に合っているのかを確かめて、2回目からは自分に合った方を買うことができます。

 

 

デトランスαとドリクラーの比較まとめ

 

デトランスαとドリクラーについて細かく比較してきました。

 

最後にそれぞれのデオドラントのおすすめポイントをまとめます。

 

 

デトランスαはここがおすすめ

  • 制汗効果が高い
  • 汗を抑えることで臭い対策ができる
  • 徐々に使用頻度を減らしていける
  • コスパがいい
  • お得な初回割引がある
  • 定期購入は継続回数に応じて割引率がアップ
  • 敏感肌用のおまけも付いてくる

 

 

 

ドリクラーはここがおすすめ

  • 制汗効果が高い
  • 汗を抑えることで臭い対策ができる
  • 徐々に使用頻度を減らしていける
  • コスパがいい
  • 価格が安くて続けやすい

 

 

 

価格面ではドリクラーの方がおすすめですね。

 

デトランスαは人気度や知名度、あとは敏感肌用のサンプルが付いている部分がおすすめです。

 

ぜひ自分に合った方を選んでみてくださいね(^^♪